勉強をする意義。それは、いろんな方がいろんな意見をお持ちだと思います。
ここでは、私が考える一意見を書きます。

勉強の意義を考える良いきっかけになられれば。

想像力って大切かも。地球の自転と公転はどっち回り?

頭の中で太陽と地球との関係を描くと
自転は上(北極側)から見てどっち回りでしょう?
公転は上からみてどっち回りでしょう?



::自転::
太陽はどっちから昇る?と考えると東から昇って西へ沈む。

太陽は動かさずに地球が回っているとすると
真上から見たら、反時計回りということに気が付きますね。



::ついでに地軸::
次に、夏と冬で太陽が昇って沈む位置が異なりますよね。
夏は真東よりもうちょっと北側から昇って真上の方へ、
冬は真東よりも南側から昇って南側の上のほうへ。

太陽の周りを回っている地球が場所によって見え方が異なるということは、
想像してみてください。
地球がちょっと傾いているから。ですよね。
そのおかげで、北半球と南半球で季節が逆になる。

お星様を眺めていると、太陽と同じように東から昇って西に沈む。
ただ、昇る位置は冬場なら夏の太陽が昇る位置ぐらいから昇っているように見えます。
なぜでしょう?それは夜は地球が反対向いているからだと思うんですが。



::公転::
毎日見ていると、同じ時間でも見え方がちょっとずつ違いますよね。

同じ時間で違う時期に見ると、
ある日の深夜12時にオリオン座が南のど真ん中にありました。
それが、1ヵ月後の深夜12時にみると、オリオン座が西にありました。


想像してみてください。
深夜12時は太陽と真逆の側にいますよね。
真逆の真正面にオリオン座。それが1ヵ月後の同じ深夜12時には
西にある。

西に見えるということは、地球はどう進んだかわかりますでしょうか。
自分が地球上に立っていると想像して、東の方向へ進んだわけですよね。

地球の北極を上とすると、真上から見たときに、
太陽の周りを地球が反時計回りで回っている。



答えは自転・公転のどちらも反時計回りなんですが、
普段、何気なくお星様を眺めたり、太陽の位置を見ていたら、
そこから想像することもできるんですね。
というか、そうやって解明されてきたのだと思います。

(参照)
中学理科の攻略☆りかちゃんのサブノート より
星の運動 自転と公転


お勉強はそういうことをあらかじめ解明してくれた方の内容を学びますが、
自分でもそれを想像することで、考える力が養われるかもしれませんね。

上に書いたようなことがすぐに想像できなくても大丈夫。
私は、この記事を書くのに一晩、頭の中で考えましたから(笑)。




でも、丸暗記じゃなくて想像するということが勉強を楽しくするかも。
私は昔から丸暗記が出来ないんですね。苦手で。というか、集中力がなくて。

暗記方法というのは持ってましたが、字をひたすら書いて暗記する。
意味も考えずにテストのために暗記する。
それが大嫌いで。。


試験のための勉強となると暗記嫌いなんていえませんが。
実は、高校入試のときに、
上のように想像して出した答えがあってたということがありました(笑)。


いろんな事実からの空想が想像力や考える力を付ける。
私はそんなふうに思います。
posted by fooca | TrackBack(2) | お勉強コラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24626047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

頭で考えるとき、何が頭の中を駆け巡りますか
Excerpt: 考えるとき、ツールとなるものは何でしょうか。 言葉が大半ですよね。もちろん、日本語。 文章で考えます。 わざわざ日本語って書いたのは、私はあまり英語が得意じゃないですが、 英語で考えるとちょっと..
Weblog: ミックス・ミックス
Tracked: 2009-02-13 08:40

内惑星と外惑星
Excerpt: 水金地火木土天海冥(すいきんちかもくどってんかいめい) 今は違うんでしたっけ? 冥王星は惑星からはずれたようなニュースもあったような。 ウィキペディアで調べると 「かつては太陽系第九惑星とされていた。..
Weblog: 検索の雑踏
Tracked: 2009-02-13 08:51